★五感のリセットin Hawaii~24~水族館★

投稿日: 2014年07月18日
作成者: 学院サロン

 

アメリカの公共水族館としては3番目に古い、ワイキキ水族館!!

ハワイの海で沢山の海の生き物に癒され、パワーを頂いた感謝すべき、生き物。。

ハワイならではの生き物の名前を知りたい!!

もう一度見てお別れしたい!

そんな意見も家族からあり、今日は水族館にきました。。

 

全部みても1時間くらいのとてもこじんまりした水族館ですが、中の水槽には何ともトロピカルで、流石!!ハワイ唯一の水族館。。

日本では見ることのできない魚も数多くいて、親子ともにあらためて、ハワイの海の透明感や自然環境保護へ感心が高まりますね。。

 

中でも、私のお気に入りはウミガメとタツノオトシゴ!!

図鑑で見るトロピカルカラーそのままに悠々と泳ぐ姿。。。

くぎづけになるのは皆さん同じ様で、けっこう水族館は隠れた人気スポットなんですよね♡♡♡

子供たちにはやはり、サメが人気です。

「サンゴ礁の最大ハンター」といわれるだけあり、小さいものでも迫力があり、実は世界の海ではこのサメを人間が捕まえるため絶滅の危機になり(ウミガメも同様に)ハワイではサメの捕獲は禁止だけでなく、サメのヒレの輸入も禁止されるほど保護に乗り出しています。。

つまり、ふかひれの姿煮は食べられない・・・(残念)。。

でのその保護の代償にこんな素晴らしい海の生態が今も保たれれている・・・というわけなんです。

また、水族館の庭(外のエリア)にはアザラシがこれまた癒しに待っていてくれますが、このアザラシは「ハワイアン・モンクシール」というハワイだけに生息する貴重な固有性なんです。

こちらも必見!!

 

水族館はワイキキビーチ近くのカピオラニ公園からも10分くらいで歩けますので、ビーチから少し散歩をかねて立ち寄るのもいいですよ。

日本語説明のイヤホンも無料で貸出してくれますので、世界一の「大シャコ貝」など、、、、見逃しそうなマニアックなポイントもわかりやすく解説してくれます。。

現地のロコ子供も遠足に来る姿があり、ハワイの人々に愛され続けて100年以上のワイキキ水族館。

ちょっとした散策にお勧めします。

 

ワイキキ水族館(公式) http://www.waikikiaquarium.org/

学院講師