冷えは大敵!! 諦めずに改善しましょう。

投稿日: 2016年02月14日
作成者: 学院サロン

こんにちは いやしの空間えんの永井です。

節分が過ぎ、私の気分はすっかり春です。

今日は暖かいですが、まだこれからも寒くなるようですので、今回は冷えに関してお伝えします。

『私、昔から冷え症だから…』と体の冷えを放置していませんか?

まだ、若い時は冷え症でも体力があるので、元気に過ごせる人もいらっしゃいます。

30代以上の年代になってくると色々不調が出てきます。

●疲れやすい。

●寝つきが悪い。

●肩こり、首こり、頭痛

●腰痛

●PMS(月経前症候群)  など…

冷え以外の原因の場合もありますが、冷えが原因のことが多いようです。

 

朝、起きてすぐの体温は何度ですか? 36.5度以上ありますか? 36度未満を低体温といいますが、36.5度以上の人の3分の1しか免疫力がないと言われてます。 低体温の人はガン、うつ、アレルギーなどになりやすいです。 そして、冷えは放置するとどんどん進行します。全身冷え症の人は年中寒く、うつっぽい状態になる人もいらっしゃいます。

冷え症のタイプは諸説ありますが、ここでは5タイプに分けてご紹介します。

●下半身の冷え

●末端の冷え

●内蔵の冷え

●全身の冷え

●局所の冷え

詳細については、また後日ご紹介しますね。

 

最近、不妊のお悩みでサロンに来店される人も増えてきました。冷え症の人が多いです。 元気なお母さんには元気な赤ちゃんが生まれやすいですよね。 人工受精希望の人も元気な赤ちゃんを生むためにもお母さん自身が冷えを改善して、子宮を良い状態にして赤ちゃんを迎えましょうね。

冷えは女性だけのお悩みでなく、最近は男性も増えてきました。普段、冷えが気にならない人も足を触って冷たければ冷え症になっているかもです。 一度きりの人生だから、元気に楽しく過ごしたいものですね

当サロンでは、冷え症でお悩みのお客様には、

『近澤式足もみ健康法60分』【男性 5,000円 女性4,500円(税込)】をオススメしております。

あんま棒で全身の反射区を隈なく丁寧にもみほぐしますので、1回の施術で足がスッキリぽかぽかします。強く深く刺激を入れると効果は高いですが、力は加減出来ますのでご安心下さいね。

興味のある人は学院サロンのHPをチェックして下さい。

近澤式足もみ健康法ページはこちら