自宅で簡単!足もみアンチエイジングのコツ♪

「自宅公開 ☆クリスマスセラピー☆2014」

 

☆家族みんな クリスマスシャワー☆ クリスマスに向け、クリスマス作家のよーよ先生の自宅で1つ 新作リボンとオーナメントを飾り付け特大リース (円形)を作りますが、12月になると 寝る前に子供と一緒に足もみ又はローラー→寝かしつけてから クリスマスリースつくりがしばらく続く私の生活。。でも 約1か月 数々のクリスマスリースのグリーンシャワーで癒され、パワーをもらい 1年で1番パワフルに活動しています!! 私自身 局アナを卒業と共に子宮の悩み ホルモンバランス、自律神経のトラブルに加え、我が子の毎月の高熱40度以上の入退院・・と、身体の不調時も 足もみと、このクリスマスシャワーだけは欠かさずに自分のライフスタイルとして遂行してきただけに、足もみでの回復はもちろんですが、生花や植物の生き物のパワーや香りは自分を自分らしく生きる方法として必要なことなのです。。身をもって実感しています。。

そして、子育てしながら思うのは、やはり「命あるものを愛でる気持ち。」を・・・ 小さな生き物、植物、生花から生活の中で学んでほしいという事!!クリスマスリースの形は様々で、U字にしたり 花束のようにしたり、子供のリクエストに合わせて楽しみます。。リースの材料の「ヒムロスギ・ヒバ」を見て「やわらかそうだね!!妖精が住んでるの?アマゾンのにおい!!」など、素直な感想が子供から出るのも面白い!!砂場遊びのように目を輝かせて ママの作るリースを喜んでくれます。(男の子たちだから 今だけかなーーー)12月も半ばになると、家中がリースの香りに包まれ、玄関の踊り場から リビング、キッチン、そして食器に至る殆どがサンタクロースの住む家のように。。。。なるのが理想。。

実は、先回も少し書きましたが楽しむ!喜ぶ!という気持ちが 人を元気に健康にしてくれるそうなんです!家族が喜ぶ気持ち。そしてリースでウキウキ♥クリスマスを迎える気持ちが、身体を治癒する!!と。 学院サロンのスタッフの子供さんが、喘息やアレルギーを治してくれる!と、有名なドクターに病気の子供(小児喘息)を診察してもらった際、やっと巡り会えた名医さんなので、どんな薬や治療法?と思いきや、「子供さんには好きなことをどんどんやらせて、沢山笑って、楽しい日常にしてください」といわれて驚いたそうです。

つまり、アレルギーは自身の免疫が上がらないと いつ出てもおかしくないもので、自分で治す為に、自分の好きなこと!笑う事!喜ぶこと!をすると、脳が活発になり、やる気になると自律神経の交感神経(やる気)にスイッチが入りその分、安らぎの副交感神経が睡眠時に働き、自律神経が整うと、寝ている間に最も分泌される成長ホルモン(子供が盛んですが、年を重ねても一生出るものですよ!)が沢山でて、骨や筋肉が強く成長する。といわれているんですね。・・・身体が丈夫になると喘息(アレルギー)は治る。。と。 そのお子さんは「サッカーをやりたい!」とのことで本格的にはじめましたが、これまでのお医者さんは、喘息がひどくなるから好きでもサッカーはセーブした方がいい。。とのアドバイスが殆どだっようで、実際に発作が起きたこともあったようですが、好きなサッカーを始めて、みるみる元気になり、喘息(アレルギー)は完治しましたよ。。

余談が長くなりましたが、花粉で、花や植物がダメ。。という方もいると思いますが、それでも花が好き!!という方がいたら、その喜ぶ気持ちを優先させて、是非 好きな花を身近に置きながら治癒する方法もあるんだって覚えておいて下さいね!!

また、素敵なクリスマスカードが届くのもクリスマスの醍醐味☆ 可愛くて、懐かしくて、嬉しくて、カードは日本だけではなく世界中から届くので、毎年大切にコレクションしていきます!!そんな、かなりアナログなクリスマスですが、手作り&笑顔の数を増やせるだけ増やそうと頑張る 私(ママ)なのです。

私の理想はよーよ先生のように、自分の自宅で好きな事を、趣味のように 長く継続すること!!私のライフスタイルの足もみは私自身が必ず毎日取り入れているもの。リースを作りながら、カードをかきながらローラーに乗っています(笑い)。足もみをどのように生活に取り入れ、どのような時に行い、どんな生活や食べ物で足もみ効果をUPできるのか?2~3日間 我が家で一諸に生活しながらレッスンするのが、最も効果が出るんですよね!!いつかオープンハウスレッスンが出来たらいいな??と思いながら、クリスマス支度をしながらも足もみやリフレクソロジーの未来を模索しています。。。

心と身体をイコールにできる足もみを、クリスマスならでは、華やかに楽しく たまにはやってみたいですよね。。何か面白い案があれば、教えて下さいね♥

皆さんも是非、心温かい クリスマスお過ごしくださいね♥♥

メリー クリスマス♥     学院講師