2016 年 10 月

2016 ハロウィン ☆彡 

「おやつをくれなきゃ いたずらするよ!!」のフレーズ。。今では 一第イベントですね!!

季節を子供のころから 楽しむことができて 今の子供達は幸せだなーーー☆彡と。。。

秋の収穫祭!!日本にも 様々お祭りがありますが なぜか?外国のものは日本ではおしゃれに 流行するから不思議ですね。。クリスマス、、バレンタイン、、などなど。

でも、足もみの考え=東洋医学的には 旬を食す!旬を香!!は最高に 身体が喜ぶことなので 私も便乗しております。。 ハロウィン☆彡☆彡2016☆彡

昨年は息子たちがスターウォーズの仮装をして 街を練り歩いた記憶があります。。。そんなことからもその年 その年の流行も仮装からわかり 面白いですし、この1年の変化や成長も感じられて ハロウィンならでの 思い出がよみがえり 嬉しくも思います。。

もっぱら、私は食いしん坊なので ハロウィンの楽しみは 頂くおやつや食べ物 ☆彡☆彡

今年はとても キュートなクッキーやチョコ☆彡 & かぼちゃ味のおばけ 和菓子 を頂きました。。ハロウィン当日 はかぼちゃのホットケーキでもつくろうかな? チョコペンでお化けを描けば 立派な手作り おやつになりそうですね。。。頂く おしゃれな お化けおやつには かないませんが、、かぼちゃ(旬)を食して身体に秋のパワーを充電したいですね ☆彡☆彡

ちなみに、秋深まるこれからの時期は大腸が弱る季節。。大腸や腸は内臓でも大容量で免疫にも深く関係すると最近では東洋医学だけでなく西洋医学でも腸の調子が注目されていますよ!!かぼちゃや里芋などのイモ類は繊維が豊富でビタミンも豊富。。つまり これから弱りやすい腸を整えるにはもってこいの食材!! 旬とこういうすごい力があるんですよね☆彡やはり 旬の食!イベントには意味があるんです!

皆さんも せっかくのハローウィン 楽しんで下さいね!!     学院講師

チョコレートで手軽なエイジングケア♪

こんにちは。いやしの空間えんの永井です。

今回はチョコレートの効果についてお伝えします。数年前からチョコレートの効果について、メディアでよく取り上げられるようになりました。元々ビターチョコレート好きで以前からよく食べていた私には朗報でした。

チョコレートには色々な効果はあるようですが、ここではよく耳にする情報を取り上げます。

チョコレートの原材料であるカカオ豆には、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルが含まれています。現代の日本人はミネラル不足になりがちなので、チョコレートで補えるといいですね。

それから、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、がんや動脈硬化などの病気の原因を引き起こす活性酸素の働きを抑え、血中の悪玉コレステロールや酸化を防ぐ抗酸化作用があり、硬くなった血管を若々しいしなやかな状態に戻す作用があるため、血管を拡張させる働きを高め、血圧を下げる効果があるようです。

その他、胃潰瘍やアレルギーの予防、エイジングケアの効果もあると言われています 。

チョコレートは現代のように甘いお菓子のイメージではなく、はるか昔にカカオ豆をすりつぶした飲み物で『薬』として使われていたこともあるようです。カカオ豆自体はとても苦いものですね。『良薬は口に苦し』ですね。

ポリフェノールは摂取後約3時間で体外に排泄されてしまうので、効果を高めるためには3時間ごとに少しづつ食べる方がより効果的です。

ただし、ミルクチョコレートはカカオ豆の含有量が少なく砂糖の量も多いため、カカオ70%以上のビターチョコレートがオススメです。 ちなみに私はチョコレート効果の72%又は86%を普段コーヒーのお供に食べています。

 

 

 

 

 

 

 

足もみでも血流を改善して、細胞を若返らせる効果はありますが、ビターチョコレート摂取をエイジングケアの一つとして、プラスすることもオススメします。 カロリーは高めですので、くれぐれも食べ過ぎにご注意下さいね。