2016 年 12 月

足のほてりは、足が冷えているアカシ!

こんにちは。 いやしの空間えんの永井です。いつもご利用ありがとうございます。

ここ数日は少し暖かい日が続いておりますが、これから先の本格的な冬に備えて、結構勘違いされている足の冷えについてお伝えします。

足のほてりは、足が冷えている証拠です。

足が冷えると健康上良くない、細胞機能が落ちますので、身体は防衛機能として温めようとします。 だから、裸足でいると冷やしてなるものかと、足を一生懸命に発熱させます。

これが体感では火照りになって、熱くて仕方がない状態になります。しかし、温かいのは表面だけで中は冷えた状態のままです。 足元が冷えていると上半身が寒いので、衣類を沢山着ると今度は足元が火照ってきます。 火照っているから冷えていないと思って、寒い時でも裸足でいるからますます冷えがひどくなります。

上半身と下半身の温度の違い、つまり上半身に比べて下半身が冷えている状態ならば「冷え」を抱えていることになります。 冬場沢山衣類を着て下半身を暖めていても、同じように上半身に沢山着こんでいれば「冷え」を抱えることになります。 上半身は下半身より一枚薄着にすると、全身の血流が良くなります。

それから、足が冷えていると全身の血流が悪くなり、老廃物が溜まりやすくなります。そして、色々な体調不良を引き起こす原因にもなります。 特に冬場は寒さのため、じっとしていることも多くなりがちで、汗もかきにくいので老廃物が溜まりやすい季節でもあります。 意識してしっかりデトックスを心がけたいものです。

この時期にデトックス効果の高い近澤式足もみを始めて、しっかり老廃物を排出し、体調を崩しやすい季節の変わり目になる前に体調を整えることをオススメします。

免疫UP 講習会「予防医学」

今更ですが、、、

健康になる為の猛勉強をこの1・2年 自身の足もみを遂行しながら邁進しております(笑)

先日 再会した先生の講習会で 血液を採取してもらい自分の細胞レベルの血液を見てきました。数値で簡単に血液検査ができる時代ですが。やはり お医者様の顕微鏡で見せてもらうと 参考になることも多いのが実感ですね!!

左が ストレスやサビで 細胞に少し疲れがみられるもの

右が綺麗な細胞配置で 血液も元気なもの

共に自分の血液ですが、、これは血流やストレス値、さらに食生活でいかようにも変化するんですね。。60兆個の細胞でできた身体に栄養や酸素・・つまり健康の源を送れるのは血液だけ!!免疫医学っを学んだお医者様の話は わかっちゃいるけど 中々に毎日続かない、できない!!いや 最近はやはり 1番簡単なのか?とも思うようになりました。

A血液さらさら  B免疫活性   C毒素排泄 私が信頼するドクターの皆様は 必ずこう言います!!

様々なサプリや食事療法はありますが、、、日常続ける方法。。それは やはり 私には足もみだ!!と確信いたします。有酸素運動!!食事療法!!どれも 自分にあうものが毎日できればよいですが、これだけ多忙な日々 あれこれはできない私には どのドクターにも 「足もんでるので!!」と胸を張ります。。。今の生活をそのままに 足もみだけを 毎日取り入れるだけで 身体=心 が軽くなりいつの間にか むくみや肩こり 慢性冷えや 憂鬱な気分など 何か快方に向かうのが自分自身でわかりますからね!!

今回は、外科で免疫細胞の研究に取り組み、中国で中医学の医師経験もある 肥後先生に 診て頂きましたが、、、丈夫な血液・細胞・臓器の持ち主!!と驚ました。、左写真のように ストレスがサビが沢山 細胞レベルにあるのも わかり、、、、心(ストレス解放)のケアも 欠かせないものだ!!と実感しました。

足もみの世界では 細胞は3か月で生まれ変わる・・・とお伝えしていますが、お医者様は4か月とおっしゃいます。。どちらも正解かな?4か月目には数値で変化がある(医学の世界は臨床数値が基準ですから)ようですので、アナログ=自分の手で行う  足もみは最低3か月は継続しなくては無意味だということですね。。。。

確かに、ご病気をされた北斗さんのお話にも 苦しい抗がん剤を終えて 3~4か月して身体が外に出ていきたい!!というようになり旅行などにもいかれたようですし。。。肥後先生もガンの方の手術を経験される中、術後3~4か月で細胞はどんどん変化し元気に回復していく!!とおっしゃっております。悪いものは 名医の先生方の 手を借かりるしかありませんが、回復や未病でいるためには 自分が自分の健康や体調を知る ホームドクターになるしかありませんよね。

私は西洋医学も大好きですので、何かあれば お医者様にも頼らせて頂きます!!でも、その お医者様もやはり 健康の最たるものは血液!!ということなので、1日も早く自分にあった血行促進方法を確立 することがBEST!!なんですね。

血液年齢を低く 質の良い血液を めぐらすことが、これから先も免疫細胞医学では注目され続けるのでしょうね。。年末年始も 自分の為 家族の為・・・足もみを毎日欠かしません!! 皆様も是非 自分の血液に 興味を持って 足もみ遂行してくださいね☆彡

学院講師