2017 年 4 月

角質ケアで冷え改善!!

最近、大分暖かくなり過ごしやすくなりましたね。木々も若葉が茂ってきて、瑞々しさを感じます。

足の冷えも感じなくなる人も多いとは思いますが、暫く椅子に座っている時、ご自分の足を触ってみて下さい。冷たくないですか? 足は冷えを感じにくい部位ですので、普段足の冷えが気にならなくても、触って少しでもひんやりしていたら冷えを疑って下さいね。 冷えは「万病の元」と言われます。冷えを放置して進行しないうちに生活を見直すことをオススメします。

冷えを改善するためには、足の血流改善がとても大切です。 足もみやウォーキングは血流改善に効果のある代表的なケアですが、今回は意外な足裏の角質ケアをご紹介します。

かかとには元々皮脂腺がないため乾燥しやすく、加えて体全体を支える圧力がかかるため、どうしても角質が発達しやすくなる傾向があります。

角質が、足裏からの刺激をふくらはぎなどの筋肉や周辺の血管にまで伝達させにくくしている大きな要因となっていることによります。

角質自体も内部に血管が存在しないため冷えやすく、それが足や体の冷えを徐々に増していきます。

足の血行は歩行時などに足裏から受ける刺激にふくらはぎが反応し、収縮・弛緩を繰り返すことで効率的に出来ますが、この足裏からの刺激が角質により吸収されてしまうと、ふくらはぎの収縮・弛緩も大幅に減少してしまいます。

以上からも冷え改善を行う上で、かかとを中心に足裏から角質を取り除くことがとても重要であることをお分かり頂けたのではないでしょうか。

セルフで角質ケアをされる人も最近では増えておりますが、自己流で角質を削り過ぎている人も多いです。

角質は元々皮膚を防御する役割があるため、削り過ぎると反動で削り落とされた箇所を補強するために増殖しようとします。

ですから、少し角質を残す程度までで留めておくことをオススメします。タコなどを爪切りで切ってしまう人もいますが、同じ原理で更にタコを分厚くしようとしますので切らないで下さいね。

セルフケアが出来ない人は、足のためにも放置しないで、どうぞ一度、当サロンにご相談下さい。

ただいま、角質ケアのキャンペーンを行っておりますので、一度、お試し下さいね。

先着の50%OFFも残りわずかの受付となっております。早めのご予約をお待ちしております。

キャンペーンは5月7日(日)まで

アメブロページはこちら!

GWは休まず営業いたします。

※5月1日(月)は足もみ、美顔、もみほぐしのご案内となりますので、角質ケアのキャンペーン対象外となります。